冬の情景

 澄み切った夜空に、舞い落ちる粉雪。
 吐く息は白く、空気は凛と凍りついている。
 伸ばした指先は、すぐに冷たく感覚を失う。
 身を切るような冷気は、全てを凍らせていく。
 それが、たまらなく綺麗で、たまらなくいとおしい。
 今年も、冬がやってくる・・・
 まあ、寒いものは寒いんだけどね!
 外の冷え切った空気も、雪も冬も好きだけど、室内が寒いのだけは勘弁。
 あと一度積もった雪溶けるな。歩きにくすぎる。
 今年も、毛布の中から一歩も出られない冬がやってきます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。